ファイヤードロップシステム
無料サービスの「Firestorage」や「Dropbox」サービスがあるけれど、企業として使うにはすこし不安。機密ファイルや見積請求や提案書など、顧客に安全に受け渡したいお客様向けに作成しました。

写真や動画の保存に便利なクラウドサービス

オンラインストレージの将来

1,バックアップで使うか
2,友達と共有するか
3,見積提案の作成保存編集エリアとして使うか

オンラインストレージとは、利用者にファイルを保管するためのストレージ(外部記憶装置)容量を貸し出すインターネット上のサービスです。インターネットに接続する環境があれば、いつでもどこからでもハードディスクと同じようにファイルの閲覧、コピー、変更、修正、保存、削除などが自由に行えます。また、ファイルの保存先としてはもちろん、バックアップ先としての利用、あるいはファイル共有などに使用することが可能です。

従来型の”ファイルを手渡すツール”だけの機能以上を求めています。アイデア次第でCloud空間がビジネススペースになる

ひとつ重要なのが「クラウドが国外」にデーターがあるということです。
9.11同時多発テロを契機にして米国にクラウド・サーバを設置した場合、米国愛国者法が適用される結果、捜査の対象とされる可能性が高まるといえます。クラウド・サーバが、捜査の対象とされた場合、そのサーバを利用したクラウド・サービスの提供は、停止を余儀なくされることが通常ですので、稼動保証の問題が発生することになるわけです。企業リスクとしては、一般的にセキュリティが保障されていないという問題が指摘されている。官公庁や大手企業では、業務に関するデータは日本国内にあるサーバに格納することが必要条件になっているところもある。
それでは国内サービスはどうでしょう。価格面ではプライベートクラウドで最も高いメニューが月額10万円程度、最も安いものが同1万円程度である。

それで日本人の日本人のためのサービスを提供しよう!と
FireDrop Serviceは「箱」を売るのではなくストレージというサービスを提供します

豊富で強力な機能

ドロー系フーロチャート、マインドマップ作成、これまでどおりのファイル共有などネットドライブの機能を網羅し、次世代の使える道具をご提案します。同時に共同作業も不意な上書きも履歴管理でき、誤った削除もゴミ箱から復帰できます。作成されたデーターを顧客に開放することもでき、社内チームで会議資料としても利用できます。

フローチャート作成

ひらめきマインドマップ

複数ドラッグアップロード

驚くほど簡単

ドラック&ドロップさえわかればdropboxやGoogle Driveのようなクラウドストレージ操作で、自由に使える環境になっています。 1ファイルでの最大アップ容量は4GB(※お客様のネット環境に左右されます)これで ”さらばDropbox”

・編集許可 ・パスワード保護 ・有効期限決定 ・受取人へのメッセージ送信など、豊富な機能

・いつも使う「お気に入り追加」・名前の変更 ・受け取り用のダウンロードボタン ・ファイル削除

・ファイル共有設定 ・バージョン管理 ・アクティビティー管理

お気軽にお問い合わせください。03-5960-2285受付時間 9:30-18:00 [ 土・日・祝日除く ]

お問い合わせ